第4回 レジリエンス研究教育推進コンソーシアムシンポジウム The 4th Resilience Research and Education Promotion Consortium Symposium ニューノーマルに拠るレジリエンス社会の実現に向けて COVID-19がもたらした気づき

参加無料

開催日時 :2021年10月13日(水)13:30~16:40 開催方法 :オンライン(Zoomウェビナー) 使用言語 :日本語(英語への同時通訳付き)

Date and Time: October 13, 2021 (Wed.)
1:30 pm- 4:40 pm (JST UTC+9)
Venue: Zoom Webinar Language: Japanese with simultaneous interpretation into English

参加申込 ENTRY

Outline開催概要

COVID-19を強制的なきっかけとして予期しなかった広範囲な社会の変化が起きている。こういった変化を適切に想定/分析し、迅速な意思決定によって適応していく必要性がこれまで以上に重要視されている。
本シンポジウムでは今回のCOVID-19により迫られた社会変化への対応の中で用いられた技術やそこから得られたポジティブ/ネガティブな気づき、コロナ禍が続く中でも今後起こりうる大規模災害への対応方法などについてご講演いただき、予測できない変化が起こり続けるニューノーマル時代のレジリエンス社会構築に向け多角的に議論する。

A wide range of unanticipated social changes are occurring as a result of COVID-19. The need to appropriately anticipate/analyze these changes and adapt to them through swift decision-making has become more important than ever.
In this symposium, we will hear presentations on the technologies used in responding to the social changes forced by COVID-19, the positive/negative insights gained from the technologies, and how to respond to large-scale disasters that may occur in the future even as the pandemic continues. We will have a multifaceted discussion on how to build a resilient society in the era of the new normal.

開催日時
2021年10月13日(水)
13:30~16:40
開催方法
オンライン(Zoomウェビナー)
使用言語
日本語(英語への同時通訳付き)
Date and Time
October 13, 2021 (Wed.)
1:30 pm- 4:40 pm (JST UTC+9)
Venue
Zoom Webinar
Language
Japanese with simultaneous interpretation into English

主催Hosted by:

レジリエンス研究教育推進コンソーシアム

Resilience Research and Education Promotion Consortium Symposium(R²EC)

後援 Supported by:

programプログラム

西出隆志氏の写真
Emcee総合司会

西出 隆志 氏 (筑波大学システム情報系 准教授、リスク・レジリエンス工学学位プログラム)

  1. 第1部講演(13:35~15:05)
  2. 第2部パネルディスカッション(15:15~16:30)

開会挨拶(13:30~13:35)

13:30〜13:35 開会挨拶 佐波 晶 氏 大日本印刷株式会社、筑波大学 准教授(協働大学院)

第1部講演(13:35~15:05)

13:35〜14:05 講演① 「コロナ禍における健康リテラシーと政策、
世論、及び住民行動との関係」
久野 譜也 氏 (筑波大学 教授、大学院スポーツウエルネス学学位プログラムリーダー、スマートウエルネスシティ政策開発研究センター長)
14:05~14:35 講演② 「コロナ禍を通して見えてきた情報社会インフラの姿とスマートシティへの適用について(仮)」 田中 淳裕 氏 (NEC セキュアシステム研究所 所長)
14:35~15:05 講演③ 「ニューノーマルで変わるデジタル防災技術」 臼田 裕一郎 氏 (国立研究開発法人防災科学技術研究所 総合防災情報センター長、筑波大学 教授(協働大学院))

第2部パネルディスカッション(15:15~16:30)

15:15〜16:30
パネルディスカッション
「ニューノーマルに拠るレジリエンス社会の実現に向けて
~COVID-19がもたらした気づき~」
モデレーター:遠藤 靖典 氏(レジリエンス研究教育推進コンソーシアム 副会長、筑波大学システム情報系 教授、システム情報工学研究群長) 登壇予定者:第1部登壇者

閉会挨拶(16:30~16:40)

16:30〜16:40
閉会挨拶 林 春男 氏 レジリエンス研究教育推進コンソーシアム 会長、国立研究開発法人防災科学技術研究所 理事長
Dr. Takashi Nishide
MC:

Takashi NISHIDE Associate Professor, Master’s and Doctoral Programs in Risk and Resilience Engineering, University of Tsukuba

  1. Session 1:Keynotes(1:35~3:05 pm)
  2. Session 2:Panel Discussion(3:15~4:30 pm)

Opening Remarks(13:30~13:35 pm)

1:30〜1:35 pm Opening Remarks Sho SANAMI Dai Nippon Printing Co., Ltd./ Associate Professor (Collaborative Graduate School Program), University of Tsukuba

Session 1:Keynotes(1:35~3:05 pm)

1:35~2:05 pm “The interaction between health literacy, governmental policy, public opinion,
and people behavior under the COVID-19 pandemic”
Shinya KUNO Professor, Chair of the Master's and Doctoral Programs in Sport and Wellness Promotion, University of Tsukuba
2:05〜2:35 pm “The Future Image of Information Infrastructure for a Society and Its Application to Smart Cities through COVID-19 disease” Atsuhiro TANAKA General Manager, Secure Systems Res. Labs., NEC Corporation
2:35〜3:05 "Digital Technology for Disaster Resilience with New Normal” Yuichiro USUDA Director-General of the Center for Comprehensive Management of Disaster Information, National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience (NIED)/ Professor (Collaborative Graduate School Program), University of Tsukuba

Session 2:Panel Discussion(3:15~4:30 pm)

3:15〜4:30 pm
“Toward the Realization of a Resilient Society with New Normal-Reflections brought about by the COVID-19-“ Facilitator: Yasunori ENDO Vice President of the Resilience Research and Education Promotion Consortium/ Professor, Dean of the Degree Programs in Systems and Information Engineering, University of Tsukuba
Panelists: Speakers from Session 1

Closing Remarks(4:30~4:40)pm

4:30〜4:40 pm
Closing Remarks Haruo HAYASHI President of the Resilience Research and Education Promotion Consortium/ President of the National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience (NIED)

Speakers講演者紹介

  • 久野譜也氏の写真 Shinya KUNO久野 譜也
  • 田中淳裕の写真 Atsuhiro TANAKA田中 淳裕
  • 久野譜也氏の写真 Yuichiro USUDA臼田 裕一郎

Entry参加申込

ご参加を希望される方は、2021年10月12日(火)までに、以下のフォームよりお申し込みください。
(当日申込も可能ですが、なるべく事前にお申込みください。)
申込後、入力したメールアドレス宛に参加のご案内が届きます。(*は必須入力です。)

Please fill in the online application form below by October 12, 2021. After you have submitted your application, a confirmation e-mail will be sent to your e-mail address.
*- indicates a required field

    氏名
    フリガナ
    所属
    職名
    電話番号
    E-Mail

      Name
      Country of Residence
      Organization
      Job Title
      Phone Number
      Email Address

      • セコム
      • 大日本印刷
      • 日本電気
      • 東急プロパティマネジメント
      • DRIジャパン
      • 電力中央研究所
      • 日本自動車研究所
      • 電子航法研究所
      • 産業技術総合研究所
      • 防災科学技術研究所
      • 労働安全衛生総合研究所
      • NCDR
      • 筑波大学